蓮コート TUNING LINE

蓮コート TUNING LINE

蓮コート TUNING LINE
▲画像クリックで拡大表示します
放熱塗料の詳細へ 蓮コートAntistatic(帯電防止コート) 蓮アーシングコート(導電性向上)

仕切り線画像

 

劇的な放熱!超超放熱塗料が登場。『蓮®HDC』

蓮HDC(超超放熱塗料)をエキゾーストマニホールド に施工すると パワーアップ・トルクアップ・燃費向上 を体感することができます。
蓮コートHDC(超超放熱塗料)を・ラジエター・オイルパン・ミッションケース・デフケース・ショックアブソーバー etc...に施工すると熱による性能ダウンを防止することができます。

エキゾーストマニホールドにはバンテージを巻く方が良いんじゃない?

という方がいらっしゃいますが、バンテージを巻くと内部の温度は当然上昇します。内部温度が上昇すると結果として細い配管で排気するのと同じ効果が生まれます。これにより流速が上がると考える方が多いようですが、特に流速が音速に近づく高回転域ではそれが圧力失となりかなりのパワーダウンにつながります。

例えば息をたくさん吸い込んで全力で吐き出すとき、ストローで吐き出すのとそのまま吐き出すのではどちらが効率が良く、楽でしょうか。

 

圧力損失とは

例えば流路の一部が絞られていると、絞られている箇所より下流の圧力が減少します。これを『圧力損失』と呼びます。『圧力損失』は、『エネルギー損失』であり、下流側の圧力低下だけではなく、流量、流速も減少させてしまいます。

 

※KEYENCE「流量知識.com」より転載

 

IHI様の見解

マニホールドの熱量があがりすぎることにより起こる問題点は、マニホールド​内の体積が増えるために排気温度が高いまま抜くと、相​対的にエキゾーストマニホールドが細い状態で排気している​ことになることです。 マニホールドの熱を放熱させることにより、本来の体積に戻す​ことができ、マニホールド内部の流速も上がり、熱ダレもせ​ずパワーはあがります。 放熱速度と放熱温度が高いほ​どエキゾーストマニホールド内部の流速は上がるはずで​す。 本当にパワー&トルクアップが出来るのであれば(放熱速度と放熱温度が高いことの証明となり)、画期的だと思います。

※ターボチャージャーメーカーの(株)IHI様に見解を伺いました。

 

※液体は温度が上がると粘度ががりますが、気体は温度が上がると粘度ががります(粘りが出ます)。この事象を勘違いされている方が非常に多いため、バンテージを巻いてエキゾーストマニホールドの熱を閉じ込めてしまうのではないかと推察されます。

▶パワーチェックデータ(ロスの少ないダイパックにて計測)

※テスト車両 日産サニートラック エキゾーストマニホールドのみ放熱塗料を塗装

パワーチェック テスト結果
▲クリックで画像拡大します。
左)トルクが約3kg/mアップ 右)パワーが約5PSアップ

放熱塗料をエキゾーストマニホールドに塗装しただけで上記の様にトルク&パワーアップが確認出来ました。これに加えてラジエターに施工することでさらなるトルク&パワーアップが可能となります。

※社外品のエキゾーストマニホールド等では放熱を考慮して設計されているものが多くあります。社外品のエキゾーストマニホールドに放熱塗料を施工した場合、排気効率が上がりすぎてトルクが落ちることがございます。

▶燃費テストデータ

▲クリックで画像拡大します。

トラックによる燃費テストでは15~20%の燃費向上が確認されました。
燃費向上は環境負荷の低減につながります。

新商品 告知ライン

▶PCの熱による処理速度ダウンを防ぐ!

蓮HDC(超超放熱塗料)for PC※テストではIntel社製標準CPUファンのヒートシンクに筆塗りで塗布、CPU温度が塗布後に10%程度下がったことが証明されています。オーバークロックの必需品です。

▶エアコン室外機の熱交換時間を短縮させ電気代を削減!

蓮HDC(超超放熱塗料)for エアコン

エアコンの室外機に施工することで電気料金削減につながります。

蓮コートHDC(超超放熱塗料)for エアコン 施工実験結果
▲クリックで画像拡大します。

仕切り線画像

 

空気の流れを味方につける。
帯電防止機能を強化したガラスコーティング剤。
『蓮コートAntistatic(アンチスタティック)』

蓮コートAntistaticは静電気を抑制し本来の性能を引き出します
どうしてボディに帯電防止コーティングを行うと車の挙動が安定するのか※蓮Antistaticをボディに施工した場合、その性質上デポジットが発生しやすくなります。雨が降った後などは速やかに洗浄してください。このため、競技車におすすめしています。

 

あなたの愛車の足元を美しく。▲ホイールに施工することで静電気を抑え、ブレーキダストを付きにくくさせます。

極上の操縦安定性をあなたに。▲バイクのカウル&ヘルメットに施工すると空気の流れを適正化させ操縦安定性が向上します。
※バイクのラジエター・エキマニ・マフラーに蓮®HDC(超超放熱塗料)を施工すると、最高速が7km/hアップしたデータがあります。蓮コートAntistatic(帯電防止コート)と併せて施工されることをおすすめします。

蓮コートAntistatic(帯電防止コート)を電子顕微鏡で見た画像

車やバイク等はいろいろなところで静気が発生し、本来の性能を出し切れていない場合があります。

蓮コートAntistatic(アンチスタティック)』は、その名の通り帯電防止(静電気防御)機能を備えています。『蓮コート(超超撥水)』の様に撥水効果自体は長持ちしませんが、ガラスコートである為、削り取らない限りその効果は持続します。

仕切り線画像

 

それはまさに電気系チューニングパーツ。
ナノカーボンの導電性を味方につけた
『蓮アーシングコート』

蓮アーシングコートを施工することで設計時の性能を回復
蓮アーシングコートはバッテリーのマイナス端子とアーシングポイントに施工するだけでナノカーボンの導電性を利用し電気の流れを改善します。▲一時期ブームになった、各パーツに直接電気を流す『アーシング』は設計以上の電気が流れることがあり、故障の原因となります。また、改造車扱いとなるため、メーカー保証が受けられなくなります。このため、蓮アーシングコートを利用し”設計時の電気の流れ”に近づけることをお勧めいたします。

仕切り線画像

施工店一覧(蓮コート TUNING LINEの施工はお問い合わせください)

蓮コートシリーズのご用命は一流の技術でお客様のお車を美しく仕上げる施工店で。施工前の板金や車内の消臭、抗菌・抗ウイルス施工もたまわっています。お気軽にお近くの各施工店へお問い合わせください。

蓮コート施工店様一覧

仕切り線画像

▼蓮コートのページに戻る

蓮コート ホームへ

© 2022 蓮(HASU)コート, All rights reserved.